薬剤師としての転職のために準備した経験談

新しい知識や制度を実践的に学んでいける環境

まずは情報収集から行いました | 準備が欠かせないことを実感した | 新しい知識や制度を実践的に学んでいける環境

院内処方では決められた薬を処方し、それを患者さんに説明した上で渡していました。
ところが院外処方部門ではそれ以外にも患者さんの服薬状況や生活状況を実際に目にすることや赴くこと、さらに他の職種特にケアマネジャーさんとの連携が重要であることを実感でき、患者さんのためにより働きたいという気持ちが強くなっていったものです。
介護に関する知識も相応に増えて、実践的な話が出来るようになったこともうれしく感じました。
今後も医療だけではなく介護保険制度などもしっかりと学びながら、ここで働き続けられたらよいと思っています。
幸い労働環境はよい方で、患者さんとの距離感も適度にあり、視野が広くなったことをうれしく感じているわけです。
転職時の不安はほとんどなくなり、新しい知識や制度を実践的に学んでいける環境はよいものです。

薬剤師が転職する前に知らなければならないポイント!